風俗で大どんでん返し

余裕のある時という意味が分かった

いろいろな体験談を見ていると、風俗は余裕のある時にこそ楽しむべきだとの声が多いんですよね。もちろんそれだけって訳ではないんですけど、余裕のある時にはそちらの方が良いだろうって。その言葉の意味は、それまで自分ではよく分かっていなかったんですけど、でもその言葉の意味が何となくではあるんですけど分かってきたんですよね。だって風俗にどれだけの気持ちを向けられるのかは、結局の所自分の「余裕」なんですよ。その余裕とはお金であり、時間でもありますし体力的なものもありますよね。それらに於いて、何かしら余裕が無いとなるとどうしてもそれらを気にせざるを得ないという現実があるんですよね。時間がなければどうしても短時間にとか、終電を気にしたりとなりますし、お金が無ければこれまたどうしても短時間でとか、指名したいけどフリーにしようとか、オプションを選びたいけど辞めようとかどうしてもいろいろなことを考慮せざるを得ないですしね。